OMOTE
15548
portfolio_page-template-default,single,single-portfolio_page,postid-15548,bridge-core-2.0.6,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-19.3,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-6.0.5,vc_responsive
Category
Picture books
About This Project

OMOTE

OMOTEとは能面のこと。能舞台の主人公シテ役はOMOTEをかけ、精霊、亡霊、化身となり、この世とあの世を自在に行き来する。この物語はその姿に着想を得て、時空の概念を表現している。能面は語る。宇宙の摂理と時間と空間の均衡を。OMOTEは照り、くもり、時に表情さえ隠し、過去と現在、未来をも巡りめぐり、今観る者、宇宙の原資たる私達に委ねられる。この物語の演目は、ニーチェの言う「永劫回帰」なるか?

画像は、孫次郎の豊麗濃艷な若い女の面。美しい亡妻の面影を偲び打ったと伝う能面に魅せられ、作者はアイパッド のカンバスにしストイックな線質に表現している。

刊行時期は順次表記いたします。
予定価格2500円 価格表記は外税となります。

制作 TAROHEI PRESS PROJECT